Journal
Category

2021.5.15

 

 

 

祈ること(文:RYO

 

 

京都でできる一日お遍路、

御室八十八箇所霊場。

 

仁和寺の裏、成就山山道にお堂が点在し、それぞれのご本尊・弘法大師が祀られている。

四国八十八箇所の写しである札所を数時間で巡ることができ、成就すれば四国八十八箇所霊場巡礼と同じご利益を得ることができるとされる。

新緑に守られ、この山道を歩かせていただいた。

山道を登ったり、少し降ったり、

陽射しを受けるほど、風に吹かれるほど

私は生かされていた。

寺社で手を合わせる時、それが88回も行うのだとしても、祈願成就を願うことはない。

目の前に広がることへ、心が落ち着いた状態で前向きに取り組めるように、心の中で宣言する。

人知をこえた大いなるものに聞いてもらうのだ。

祈ること

その偉大さは知らない。

それでも、

心の宣言が自分自身とのつながりとなり、

自らの行いとなり、

私に関わってくれる全ての人やことがらに良き風が吹けば、

光がさせば、

それが私が祈ることのご褒美になるのだと思う。

 

 

Photo:Yuka Yanazume

2021.4.30

「Sense of wonder 」 (文:ENA)

オトナになるということ

 

物理的に身体が変化していくということ

時間の流れが分かり、予測をしたり効率的に動けるようになること

感情を隠したり、大袈裟にしたり、当たり障りのない対応ができるようになること

言葉を巧みに使って、表現できること

必要外には涙を流さなくなること

 

3月にmonkのプロジェクトメンバーで1週間程沖縄の南城市に滞在した。
そこでの体験が言葉にできないほど感動的で、1ヶ月経った今でもまだ余韻に浸り、いつでもあの地へ脳内トリップ出来てしまうほどだ。

3月の沖縄は少し肌寒さを感じる日もあったが、からりとしていて日差しは強く、南国の花が咲き、亜熱帯特有の緑が萌えていた。

子供たちは、日に日に野生化していき、裸足で駆け回りこんがり日焼けをして、2人目の息子ハルは、日光が燦々と降り注ぐビーチで生まれたままの姿で3歳のお誕生日のお祝いをしてもらった。

私たち大人は、それぞれが活動しているそれぞれの場所から、それぞれのタイミングで集合して日々を共にした。
大人になってから大勢で行動することなんてなかったけれど、起こる出来事全てが何もかもパーフェクトで、大袈裟でもなんでもなく一瞬一瞬が輝いて見えた。

そして最初に挙げた”オトナ”の定義をいい意味でどんどん壊されて、私たちに備わっているSenseがシンプルになっていくような気がした。

 

全員が集合した最終日、大人だけで食事をした。
関根麻子さんが一人で営まれている”胃袋”というお店。(1つ前のケイさんのジャーナルもご覧ください)

 

食事をして涙が出たなんて初めての体験だった。
あの場を共有するのに言葉なんて必要なかった。南国の風に乗って自由にダンスする植物たちを見ながら、麻子さんの魔法にかけられたわたし(たち。きっとみんな)は、まるで時が止まってしまったかのような静かで深い感覚の中をフローしていた。

体と心全部がセンサーになって、お食事と時間と空間を味わう。

 

大人になって良かったなあ、みんなで声を揃えて笑った。

 

オトナにになるということ

 

美しいものに触れて美しいと感じる心を磨けること

素敵をシェアできる人たちと一緒に過ごす時間を作れること

持たなくてもいいこと、しなくてもいいことを選べること

美味しいお酒と食事をいただけること(笑)

想い全てを言葉にする必要はないということ

 

 

私がヨガを続ける理由は、きっと心の感度を磨き続けるためなのだろう。

4月の終わり、哲学の道の緑が日に日に濃くなる美しさを、雨の日の艶っぽさを、生命が輝いていることを、体と心全部で感じていたい。

いつでも生まれたてのピカピカしたスピリットでこの混沌として美しい世界を泳いでいたい。

 

そして、麻子さんのようにとはおこがましくて言えないけれど、Studio monkに来てくれた人が、静かに深い感動に浸れるような場を作れたら、そう思っている。

 

 

沖縄南城にまだ恋をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021.4.6

「スタイルのある人」(文:KEI)

 

 

 

何気なく友人に「好きなお店ある?」と聞いた。

1位 生鮮館ナカムラ」

2位 マルギン」

3位 HELP

どれも京都市左京区で地域に密着している名スーパーだ。

彼女はケータリングを生業としている。

職業柄、出てきた良いお店は全てスーパーだった。

彼女のスタイルが突如飛び出してきた瞬間。

スタイルが確立しているというのはこういうことなのかもしれない。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3月、Monkメンバーで沖縄へ行った。

程よい湿気と生温かさに包まれた南城という場所、私たちは自然素材を使ったレストランに足を運びみんなで食事をした。

濃い緑色の植物たちが風に吹かれている様子を窓の外に眺めながら、みんな同じ方向に座り、それぞれに食事をいただく。どういうわけかみんな自然と口数が減り、ただ同じ空間に存在しながら、食事瞑想へと変化していったような雰囲気。

私たちをそのように導いてくれたのは、やはり女性店主の存在感からだったかもしれない。

 

また、今帰仁という場所に滞在した時は、地元に住む人たちとたくさん話をした。みんなとても伸び伸びしていて、大人たちが植物の話で盛り上がっていたのがとても印象的だった。

沖縄に対する想いや実情、仕事のことなど話してくれて、これまで沖縄に何度も訪れているのに、恥ずかしながら、沖縄の食、人、文化、にちゃんと向き合えたのは初めてかもしれない、という気持ちになった。

 

最後に滞在したやんばるという森林地帯では、大きな力が働き、お宿のダブルブッキングに車のトラブル、そのほかにもたくさんの問題が続いて、思うように毎日が進まなかった。最終的には濃霧でやんばるから出られなくなり、私の中に溜まっていた毒素のようなものがちょっとずつ出ていったような気持ち、、。(京都に戻ってきてからも、デトックスは続いています、、、)

東京からやんばるに移住して十数年という宿のホストもけいさんにとって無駄なことはひとつもないですよねと言ってくださった。

 

 

時間をともにしたMonkのメンバーや出会った方々全てにスタイルがあった。

 

自分にとっての良いを理解しているから、やらなくて良いことが明確に見えている、という感じだろうか。

 

 

やんばるの宿で読んだ本に、

「遠くの山々を見ながら、鳥の声を聞きながら、ベランダで収穫したものを選別したり、種をふるいにかけたり、といった作業をすることがとても好きです。緑色も好きだし、カレーも好きだけど、そういった類の「好き」ではなくて、もうそれだけで、人生が終わって仕舞えばいいのに、、、と思うくらい「好き」なのです。」

という一節があった。

 

好きなことをして暮らしたい、というのは一体どういうことか。

自分のスタイルとはどういうことか。

私たちは何を「しなくても良い」のだろう。

スタイルのある人たちは、一体何を「していない」んだろう。

 

いろいろ考えさせてもらったいい時間だった。

 

作るべきは、To do リストではなく、Stop doing リスト、なのかもしれない。

 

この旅のきっかけをくれた今井シェフ&エナさん、そして時間を共にしてくださった方々に心から感謝!

写真:Yuka Yanazume

2021.3.23

「春」(文:ENA)

 

春分を迎えて。

今年もまた哲学の道に春が来ました。

 

2年前まではこの時期、哲学の道には様々な国の言語が飛び交い、歩行者の渋滞が出来、砂埃が立ち込めていた。それが去年世界は一変して、世の中から哲学の道が忘れられてしまったんじゃないかと思ったのはまだ記憶に新しい。

それでも桜や雪柳は自然の法則のもと、何の影響もなく堂々と咲き誇り、今まで見る側だった私が一斉に見られているようで何とも言えない気持ちになったことを覚えている。

そして、夜空を見上げるといつも何機も飛んでいた飛行機が、すっかり見えなかったことも。

 

あの春、私を含め多くの人が自分自身と深く向き合い「わたしとは」と考えたはず。1年前きっとみんな種を蒔いたんじゃないかな。

 

既に芽が出た人も、まだまだ根を張っている人もいると思うけれど、私たちはとにかく淡々と自分の畑を耕し続けるしかないんだと思う。誰かに耕してもらったり、誰かの畑を耕すことはできないのだから。どんな芽が出てどんな風に育っていくのか楽しみにしながら。

四方八方に強く張った根から芽が出て太い幹となり花を咲かせて実を結ぶ。
そのために私たちは、必要な栄養と水を注ごう。

 

ちなみに、私の芽のようなもの、どんどん育っていると思います。

私の選択一つ一つがその芽を育てるのだから大切に育てよう。

 

 

自然の法則が働いて、哲学の道は今年もまた桜で埋め尽くされそうです。

是非スタジオに来れる方はお越しください。リアルで、そしてオンラインでも感動を共にしたいな。スタジオからの景色は本当に圧巻なんですよ。

2021年の春もmonkお二階にてお待ちしております。

 

(文:ENA)

 

 

 

 

 

 

2021.3.5

 

 

「Our life in Monk」 (文:KEI)

2020年の夏。

 

「とりあえずケイさん、ハグしよう」

 

エナさんがそう言った。

下鴨神社の御神水に足をつけ、御手洗川を行ったり来たり、

2人でこれからのstudiomonkについて話をした。

遅すぎる青春。

 

コロナ渦。

studiomonkもマイナーチェンジを繰り返す日々で、楽しくも忙しい毎日だった。

 

私がstudiomonkのマネジメントを担当するようになってから3年。

人がたくさんいればいろいろ起こる。エナさんとは楽しい時間も辛い時間も一緒に過ごした。

 

心の機微や趣を読むことが苦手で調整役はまだまだ半人前な私は、客観的視点を養うことをこの場で学んでいる。マネージャーという立場はとてもチャレンジングでありがたい。失敗も多く、理不尽なことに立ち尽くしたり、不甲斐なさに申し訳なくなったりする。青春ふうに言えば、小さな規模でも良いから誰かと一緒に叶えたい何かがあるのだと信じたい。

 

私がエナさんを「ヨガ的だ」と表現するのには理由がある。

エナさんはいつも機嫌が良い。

これは誰にでもできることではない。

エナさんのシンプルでナチュラルなライフスタイルやクラスが安定してそこにあり、だからこそstudiomonkがあるのだと思っている。Studiomonkのアイコンである。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日、studiomonkのリニューアルに際し、アムリタトシさんの哲学講座が開かれ、私もそれを受講した。トシさんはインドでヨガを体系的に学び、心や体で実践を繰り返し、それを「トシさんの言葉」というフィルターを通して伝えてくれた。

 

私たちはなぜヨガを練習するのだろう。

痩せたい?

だれかにみて欲しい?

自己実現?

哲学を勉強したい?

健康になりたい?

 

幸せの価値基準は人それぞれだから、理由はどんなものでも良いと思っている。

講座の中で、

「ヨガの練習 = 外側に幸せを求めない練習」

という言葉があった。

そして、

「外側は、外側に保つ」

という言葉もあった。

自分が幸せだと思うものをようやく得たとき、その視点はちゃんと自分自身に向かっているだろうか。

 

知らず知らずのうちに外側へと向かってしまう視点は、何を得ても満たされない自分を作ってゆくのかもしれないと、背筋が伸びた。

 

肉体や心が成長してゆく過程がじぶんの人生でありドラマなのだろう。

私もたくさん学び失敗して、いつも機嫌よくいたいと心から思えた時間だった。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「とりあえずケイさん、ハグしよう」

 

とエナさんに言われ、私は心が解けた。

 

「これからぶちかまそうぜ」

 

B型特有の奔放で見切り発車的で少しのあやうさが見えるところも魅力だ。

どこか自分を映し出しているこのエナさんという女性に、いつも親近感が湧く。

 

この日は夏の終わりで少し涼しく、境内のかき氷を食べながら心の底から感謝したことを鮮明に覚えている。

2021.2.21

 

「New Biginning.」(文:ENA)

 

早朝のオンラインクラスを終えて、明るくなってくるスタジオで築100年ほどの天井を見上げてみる。

 

旦那さんがここにお店を構えて5年が過ぎた。

長女が生まれた1ヶ月後、初めてこの物件を見に来た時のことを今でも鮮やかに思い出す。

 

古い古い日本家屋、天井は低く、床は傾き、これがお店になるのかしら、、、、というのが正直な感想だった。

産後1ヶ月のふわふわとしている私に、旦那さんが「二階でヨガしたらどう?」と提案してくれた。自分がどんな返事をして、話が進んで行ったのかは正直覚えていない。窓は大事だから変えてほしいとリクエストしたこと以外。

monkがオープンして数ヶ月後、Studio monkとして小さなスタートを切った。小さな小さなスタジオでのヨガタイムは私の生活だった。

 

そして2人目の妊娠を期に、スタジオをレンタルスタイルに変更、その際に出会ったのがケイさん(Studio monkのマネージャー)だ。初めてスタジオで会った時の、初対面とは思えなかった感覚を覚えている。使ってください使ってください!そんなStudio monkの第2ページの始まり。

 

そこから3年、ケイさんがよく言っている「Studio monkの場の力は凄いから」という言葉に、この場だからできることをしたいな、そう思っていた。

 

そして3人目の妊娠、そしてコロナの大流行。Studio monkもクローズしたりオンラインクラスを開設したり。3度目とはいえ、出産という大きなイベント真っ只中の私に代わって、当時スタジオに関わっていたみんながたくさんの知恵を出し合ってくれたからこそ出来たことだった。

そんな中、私はStudio monkをどうしたいのだろう、私はどうありたいのだろう、そしてその先に何を見たいのだろう。漠然と答えは見えているもののさらに深く考えるようになった。

このままでも良いのかもしれない、でも変わるべき時が来ている、そのために一度止まる必要がある、私の答えに迷いはなかった。

 

スタジオを一旦クローズして4ヶ月。私の中での問いはずっと続いていたある日、尊敬する女性が書かれた本の中の言葉にハッとした。

 

“Enlightenment”

 

簡単に説明すると、一人ひとりのハートに灯った小さな灯りが、周りを照らし、影響し合い共に成長していき、やがて人は、魂の仕事に目覚めるというもの。それは、私の大好きなデンマークにある成人学校「フォルケホイスコーレ」の創始者「グルンドヴィ」の理念だ。そのために、フォルケホイスコーレでは、様々なアクティビティを通して、感情を掘り起こしていくのだという。

 

この場だからできること。ヨーガの叡智とレストランmonkのフィロソフィーが絡み合い、ここに集う人の心に灯りを灯す場としてありたい。漠然と見えていたものが確信に変わった瞬間だった。

そう決めたら、私の周りには自分の魂の仕事を謳歌している人がたくさんいて、あっという間に道がついていった。

 

ここに集う人の灯火が共鳴し合えばいいな、みんなの命がさらに輝くそんな場を提供できればいいな、心からそう思います。

 

 

まだ見ぬ出会いや再会に、すでに胸が高鳴っている私を、時代を感じる天井が優しく包み、Studio monkの3ページ目を祝福してくれているように感じます。

 

 

2月28日いよいよStudio monkの新しいはじまりです。
哲学の道monkのお二階にてお待ちしております。

 

Studio monk Reopenに寄せて
Ena