Event

【10/31(sun)開催】特別クラス「 Inner meditative journey(初心者向け瞑想クラス)」 大西エミ

【スタジオ対面特別クラス】

Inner meditative journey」 

(初心者向け瞑想クラス)

大西エミ

 

山の頂上や森の中で感じる静けさ。

自然の静けさはとても深く、私たちの体や心を静寂で満たしてくれます。

 

この静けさは私たちの内に既に在るのですが、目まぐるしく過ぎてゆく日々の生活からのストレスや、外の世界への強い執着が内なる静寂を締め付け、五感は心とマインドの分離を原因に、絶え間なく外の世界に満たされるものを追い求め続けるのです。

 

インドの伝統「ヴェーダ」によると、心とマインドの分離は現代社会での苦しみの原因になっていると言われ、病気の原因の8割は内なる静寂の欠陥だと言われています。

 

それはまるでストレスに人生を操られているようなもの。

 

その予防の為にも日々の瞑想はとても大切になります。

 

子供は普段低い周波数を発していて、幸福、平和、喜びを感じながらリラックスした状態で生きています。逆に大人の周波数は高く、仕事中は特に高くなるのですが、瞑想すると低くなり細胞が調和し始めます。

 

このワークショップでは、声・音・呼吸・純粋で透明な体の動きを通して、深いリラックス状態に入りながら、微細で静かな、内側のとても心地良い場所を探ってゆきます。

 

時間軸のない、命が脈打つ領域へと一緒に旅をしませんか?

 

瞑想の経験の無い方でも大歓迎です。

お気軽にお越しください。

 

 

持ち物:

飲み物、手ぬぐい又は手ぬぐいサイズのタオル、動きやすい格好でご参加ください

ヨガマットは無料でレンタルがございますが、気になる方はマイマットをご持参をお勧めしています。

日時

10/31 SUN 18:00-20:30 (2.5h)

料金

5000 yen

 

 Guide

大西 枝美 Emi Onishi

 

米国ヴェーダ研究協会認定、ヨガ&アーユルヴェーダ・ウェルネスコンサルタント。京都生まれ、北イタリアの都市パドヴァ在住。

20代より日本国内そして世界中を旅歩き、22歳の時初めて訪れたインドでヨガに出会う。

アーユルヴェーダやヨガ、インド古典声楽、アドヴァイタ・ヴェーダンタなどの、インドに古くから伝わる叡智や自分の体験を元にしながら、身心共に健康で美しく、内面的な静けさとともに自然と共生してゆくヒントやライフスタイルを提案している。

 

【全3回WS 9/13、11/1、12/20(mon)開催】ほとく ∞ むすひ Hodoku, Musubi 

 

 

ほとくむすひ

 

Hodoku, Musubi

from the Autumn Equinox to the Winter Solstice 全3回

guide sua ametsuchi

 

 

あらためて身体とむすびあう

 

あらためてこころとむすびあう

 

たましいをほどき、むすびなおす

 

 

 

* アイスランドを旅した時、圧倒的水量の滝をいくつも目の前にして、太古からこの水量で流れ続けているのだとしたら唯ただすごい、、と、全身がしぶきでビタビタになるまでそこで立ち尽くしてしまった。

 

豊かさを目の当たりにして、ずっとずっとずっと絶え間なくこの流れが続いているのだと実感した時、自然たちはわたしたちのことをずっと待っていてくれているのではないのかな。「この星が豊かに溢れていることや美しさを見て!」このことをわたしたちに気づいてほしいのではないのかな。その時の旅のメモにそんなことを覚書きした。

 

もしかしたらこのメモに書いた直感はヒトからの目線でとてもおこがましいのかもしれないけれど、自然とヒトもすべてのあらゆるいのちは等しく美しく必要な存在、彼の地でそんな風に感じたからこそ、自然たちもきっとわたしたちとお互いに響きあうことを待ってくれていると思ったのです。

 

「自然たちは待ってくれている」

 

自分たちの美しさをみつけてくれること、あらゆるいのちには全てが豊かに与えられているということ、ただお互いに響きあうことを、ただ待ってくれている。

 

それと同じことがわたしたちの身体やこころの中でも起こっていて 身体の細胞たちひとつひとつが、こころの奥底に置いてきたものが、待ってくれている そのことに気づいてそのいのちの彩をくっきりと感じ体験したいと思いました。

 

じぶんのたましいとあらためてつながりあうことで自分が本来の位置にいつでもかえってこれる。

 

緑色のつるの中のえんどう豆を収穫するとき、最初はぜんぜん見つからないのだけど、次第に目が慣れ同じみどりの中にたくさんの実がなっていることに気づくように、 わたしたちには練習が必要。 誰もが持っている感覚を研ぎ澄ましていった先を体験する。

 

まずは ほどき、ゆだね、そしてむすびなおす全3

 

古の叡智チベット医学や子宮(エナ)のヒーリングを行うSUA momoyo ヨガや声を通じてその響きあいをたしかめあうあめつち yumikoがガイドする、身体にふれることやエネルギーを感じよむ、自然との中で交感してゆく時間。studio monkという京都の美しい自然に中にある、この開かれた場でお待ちしています。

 

日程:9/13(月)、11/1(月)、12/20(月)各10:0013:00

参加費:33000円※現地払いを選択される方は初日の9/13(月)に全額をお支払いいただくようお願いいたします。

持ち物:筆記具

申し込みはコチラ

 

 

 

●Yumiko Hori(堀裕美子)

あめつちヨガ主宰

京都市内の美しい声で唄う鳥や梟たちが集まってくる小さな林のそばで生活しています。じぶんにも残っている(と信じたい)野性や、いのちのちからを感じたいためにヨガというツールを使って毎日の自分を体験しています。ガイドをさせてもらっているヨガの時間では、 自分を愛しむていねいな呼吸に包まれる歓びを一緒に練習しています。身体にそなわる感覚や力強さ、沸き起こる感情や受け取る直感を大切に、内から聞こえるちいさなちいさな声にも耳を澄まし聞き逃さないでいると、いつの間にか身体もこころも解け、けなげに発光するいのちに信頼を置くことが積み重なります。ヨガの時間以外の毎日もその余韻を携えて生きるということを感じられたらうれしくてこのガイドを続けています。

あめつちヨガ https://icigiku.exblog.jp/

 

 

 

●Momoyo Otani(大谷百世)

SUA 主宰

美大卒業後、2004年よりセラピストの道へ。女性を子宮から幸せで美しく豊かにするエナビューティ創始者マダム眞知子と、チベット伝統医学を深く世界に伝えるチベット人医師Dr,ニダに師事。 師から引継いだ智慧と多数のセッション経験を基に、手で触れ、見えないものに触れることで沸き起こる創造力との繋がりを、様々な活動を通して伝えている。 Sorig Khang International 認定チベット伝統医学クニェセラピスト、Ena Beauty ヒーリスト、Sua Ena Beauty 講師

主な活動/京都二条にてSuaサロンを主宰、大阪ポートルーム、からだの日、手作り酵素講座、ホルメ講座、子供ケア

Sua https://sua-suiren.com